CSR情報|CSRの考え方戦略的CSRを実践し、成長を続けます。

私たちの考えるCSRは、私たちの事業活動における考え方と一致しています。

私たちは3つの重点テーマで
戦略的CSRを実践し、成長を続けます。

代表取締役社長 ハリー・A・ヒル

私たちには、「世界中でより豊かなライフスタイルを実現します」というビジョンがあります。そのビジョンを達成するためには、事業活動で得た利益を自社で抱え込むのではなく、私たちと関わる全てのステークホルダーの皆様に還元し、循環させることで共に成長していくことが大切だと考えています。私たちはこの考え方をPCT(Profit Centric Tree)とよんでいます。

『常にお客様の声を聞き、長くご愛用いただけるような商品・サービスの提供に取り組むこと』、『社会の安定と発展に貢献できるよう事業活動に取り組み、特に自立支援と教育支援に力を入れた社会貢献活動を行なっていること』、『多様な従業員がライフスタイルを充実させ、能力を発揮できる環境を整えていること』。このようなPCTの考え方に基づいた事業活動を行った結果、ショップジャパンはステークホルダーの皆様と共に成長しています。皆様に信頼いただけるブランドを確立することで、ショップジャパンの商品はロングセラーとなり、様々なカテゴリーにおいて売り上げNo.1を獲得しました。そして、私が社長に就任した2006年度から2014年度までに売上規模は約3倍に成長しました。

私たちは、進化し続けるために、ショップジャパン独自のオムニチャネルを展開し、さらなるショップジャパンブランディングによるブランド力の向上と、ショップジャパンエクスペリエンス(すべてのお客様との接点でショップジャパンの世界を体感していただくこと)を通し、お客様にとって『あたりまえの日常を楽しく(Funに)変えてくれる。』ライフスタイルブランドとなるよう目指しています。

当社の成長とPCTの概念はどちらが欠けても成立しません。事業戦略とPCTの概念は一体化することで、社会的にも経済的にも効果を発揮します。私たちはステークホルダーの皆様と共に成長していくために、事業戦略に基づき戦略的にCSRを行うための重点課題として3つのテーマをあげ、取り組んでまいります。

代表取締役社長
ハリー・A・ヒル

社長署名