CSR情報|戦略的CSR 重点テーマ2社会発展への貢献

オークローンマーケティングが運営する「ショップジャパン」は、お客様のハッピーをプロデュースするブランドです。
私たちと出会う世界中の人々が、夢を持ち、実現できるような社会をつくります。

長期的・継続的な自立支援を目指し、多くの社員が自ら積極的にボランティアに参加し、
人々の生活に価値のある変化をご提供できるよう活動しています。

認定NPO法人ホープ・インターナショナル
開発機構と共に社会貢献活動

認定NPO法人ホープ・インターナショナル開発機構(以下ホープ)は、世界で最も貧しい環境にある人々が確実に貧困の連鎖から抜け出せるよう長期的にサポートし、支援地域の人々の生活が向上し、外部からの支援なしに暮らしていけるようになることを目指しています。私たちは、2002年よりホープの趣旨に賛同し、社員がスタディーツアー※に参加しカンボジアやフィリピンで井戸作りや学校建設のお手伝いをするなど、2002年より共に社会貢献活動を行っています。さらに、東日本大震災の直後からは、被災地の中長期的な復興支援を目的として、「Genki Japan Fund」を設立しました。 現地に赴き被災地の人々の声を聞き本当に必要な支援は何かを共に考え、被災地の人々が経済的に自立できるよう支援活動を継続してきました。 2011年3月から3年の間、約20の地域で70の緊急支援や経済的自立のための支援を実施しています。※スタディーツアーとは途上国の人々がどんな問題を抱えているのか、彼らが貧困から抜け出すために私たちの何ができるのかを、実際に見て体験して考えるの海外研修です。ホープは、発展途上国に住む貧しい人達に対しての自立支援活動を通じて生活状況の改善を行っています。同時に、先進国に住む人々に対して国際開発に関しての理解を促進し、世界の貧困撲滅のための行動を推進しています。

活動報告:認定NPO法人 ホープ・インターナショナル開発機構

ヨイショトーホクプロジェクト

東日本大震災直後から、認定NPO法人ホープ・インターナショナル開発機構と恊働し、被災地の自立支援を行ってきました。被災地の人々と交流する中で心の支援のニーズを実感し、さらなる自立支援を行うため「ヨイショトーホクプロジェクト」を発足しました。第一弾として、石巻市で子どもの心のケアを行っている「一般社団法人 こころスマイルプロジェクト」を支援し、2014年8月1日~31日のワンダーコアの売上げの1%を寄付しました。2015年3月には活動拠点である「こころスマイルハウス」が完成。7月には当社社員が訪問し、子どもたちと交流しました。第二弾では、こどもたちが外で思いきり体を動かせるよう、遊び場を作る支援を行います。東北を元気にすることで、日本をさらに元気にしたい。私たちは今後も支援活動を続けていきます。

活動報告:ヨイショトーホクプロジェクト